熊本市東区の歯科医院 | 飯田歯科医院

歯が溶ける意外な原因知っていますか?

むし歯はむし歯菌が出す酸で歯が溶けることは一般的によく知られていると思います。ただ、むし歯も無く、歯ぎしりも無いのに歯の表面がへこんで来て、穴が開いてきた経験は無いでしょうか?

この場合は「酸蝕症」の可能性があります。

お口の中は、通常唾液の働きで中性に保たれています。ただ、酸性の食べ物・飲み物を取ったあとは、お口の中が酸性に傾き、歯の表面のエナメル質が溶けてしまいます。しかし、唾液には酸を中和する働きがあり、唾液中に含まれるカルシウムなどで溶けた歯の表面を修復する働きもあります。ところが、酸性強い(酸っぱいものなど)食べ物・飲み物や長時間酸性のものに触れた場合、このバランスが崩れ歯の表面が溶けてしまいます。また、唾液の量が少なかったり、中和する力が弱かったりするとさらに進行してしまいます。

では、酸蝕症になるとどんな症状が出るのでしょうか?

酸蝕症の初期症状として見つけやすいのが歯の表面が白くなる「白濁」です。
さらに進行していくと歯が溶けてきて、前歯では元々歯が薄いため、透き通って見えてくるようになり、歯ぎしりなどがあると歯が欠けたりします。奥歯では、歯の頭の上のエナメル質が溶けてへこんで象牙質が見えてくると、中が茶色に変色してきたりします。もちろん、毎日の食事などでもエナメル質は減ってきますが、酸性のものを飲んだり、食べたりする機会が多いとその速度は速くなってしまいます。

酸性の食品にはどんなものがあるでしょうか?

飲み物では昔からよく言われているのがコーラです。コーラに抜けた歯を浸けておくと、表面が溶けて凸凹になるという実験もありました。近年はカロリーオフの物もありますがあまり変わらないみたいです。その他には、スポーツドリンク、柑橘系のジュース、サイダーなどもpHは低いようです。アルコールではワイン、柑橘系の酎ハイ、ビール、日本酒などもpHは低いようです。その他、ポン酢やドレッシングなど酢の入ったものはpHが低く、特に健康志向が高い方で黒酢などを毎日飲まれている方は注意が必要です。ただ、pHが低いから飲んだり食べたりするのを控えるというのは良く無いです。スポーツドリンクなどは熱中症対策などには必要ですし、お酢なども体に良いものです。酸性の飲み物・食べ物はだらだら飲んだり、食べたりしないことが大切です。

これが酸蝕歯です

コメントを残す

メニューを閉じる
飯田歯科医院