熊本市東区の歯科医院 | 飯田歯科医院

飯田歯科医院のホームページへお越しいただきありがとうございます。

ここでは当医院がどのような思いや考え方で診療に取り組んでいるかを、お話しさせていただきます。少しお付き合いください。

「この歯は、残念ながら抜かなければいけませんね」

この言葉を伝えた直後の患者さんの顔を見るのは、歯医者である私には、とても辛いものです。

あなたはこれまでに何度か、歯科医院へ通われたことがあると思います。ほとんどの方が、最初はむし歯の治療だったのではないでしょうか。

そのむし歯を放置すると症状が進み、最悪歯を抜くことになります。しかし、治療を行ったからと言って二度とむし歯にならない、歯を失わないわけではありません。

むし歯で歯を失う場合おおよそ次のようなステップが一般的です。

  1. 初めは小さなむし歯ができる。
    少し患部を削って詰め物を入れます。
  2. 数年後、詰め物と歯のすき間がむし歯になる。
    再治療、大きく削って被せ物を被せます。
  3. 数年後、被せ物と歯のすき間がむし歯になる。
    治療が不可能な状態で歯を抜くことに。両隣の歯を支えにして固定式の入れ歯(ブリッジ)を入れます。
  4. さらに数年後、ブリッジの支えとなる歯が悪くなる。
    支えの歯を抜くことになり、入れ歯。

当医院はこのような治療の繰り返しを何とか改善したいと思っています。

それではこのような悪循環を起こさないためにはどのようにしたらよいでしょうか?

それはお口の中を良い状態に保つことです。

なんだそんなこと常識じゃないか!家できちんと磨いてるよ!と思われるかもしれません。
ただ、ご自身での歯磨きだけでは不十分なことが多いのも事実です。

例えば、

  • 歯ブラシだけで磨いている(歯の間は糸ようじや歯間ブラシなどの補助用品が必要です)。
  • 磨き癖でいつも磨けてないところがある。
  • 必ずしも毎食後に歯磨きをしていない。

などです。

ですので、歯科医院できちんと歯磨きができているかを確認することと、残っている汚れをすべて取り除くことがすごく大切です。これは、歯を無くすもう一つの原因である歯周病にも当てはまります。

このような理由から当医院では、治療が必要なところはきちんと治療し、その後はなるべく虫歯にならない・歯周病を進行させないために予防を継続していくことが重要と考え、予防歯科に力をいれています。

ちなみに…歯が残っていることで4つの良いことがあります。

  • 健康でいれる
  • 心に元気を与える
  • 認知症予防になる
  • アンチエイジング(若返り)になる

この中にあなたが手に入れたいものがありますか?
手に入れたいものが1つでもあれば予防していくことをお勧めします!

また、初めて来院された方から、「説明もなく歯を削られた」「白い歯が良かったのに説明もなく銀歯を入れられた」という事をお聞きすることがあります。

飯田歯科医院ではこのような事が無いように、レントゲンや実際のお口の中の写真を用いて現在の状態の説明と、どのような治療が考えられるかご説明します(カウンセリング)。

そして、複数の治療が考えられる場合はそれぞれの特徴をお伝えして患者さんに選んでいただき、納得していただいてから治療に取り掛かります。

また、相談だけでも大丈夫ですので気楽に受診していただければ幸いです。

この他にもこだわりがありますが、他のページでも紹介していますのでよろしければご覧ください。
お付き合いありがとうございました。

メニューを閉じる
飯田歯科医院