熊本市東区の歯科医院 | 飯田歯科医院
白い被せ物
●オールセラミッククラウン(冠)

オールセラミックでの治療方法は、まず虫歯などを取り除くために、歯の表面を削り、仮歯を作製し歯肉の状態を整えたうえで、精密な歯型(保険では使えない精密な材料を使用)を取ります。

そして、その歯型でセラミックでできた冠を作製し、歯に被せます。セラミックは透明感が高く、天然歯に近い色調を持つため美しい仕上がりが期待でき、時間が経っても、変色はありません。

また、金属を使用しないため金属アレルギーの方にも安心して使えますし、歯肉の薄い方などでも歯肉が黒ずんで見えることもありません。

オールセラミックは強度をもっと強くするために、内面にジルコニアを入れて作製する方法がよく用いられます。ジルコニアは通常のセラミックよりも強度が高く、色も歯に近く、生体親和性にも優れています。

●メタルボンドクラウン(冠)

メタルボンドはオールセラミックと同じ治療手順で歯に被せますので、元々の歯と冠との境目の隙間はかなり少なくなります。

そして、金属のフレームの上にセラミックをのせて歯の形を作りますので、見える部分はセラミックになります。

透明感が高い方や、歯の付け根の歯肉の薄い方等を除いては、このメタルボンドでも十分綺麗に仕上がります。

白い詰め物
●オールセラミックインレー(奥歯の部分的な詰め物)

オールセラミックインレーでの治療方法は、まず虫歯などを取り除き、歯を部分的に形を整え、精密な歯型(保険では使えない精密な材料を使用)を取ります。

そして、その歯型でセラミックでできた部分的な詰め物を作り、歯を埋めます。材質はセラミックだけなので綺麗に仕上り、変色もありません。

●精密コンポジットレジン
治療前
治療後

精密コンポジットレジン治療は、虫歯などで削った部分に、特殊な樹脂(レジン)を直接お口の中で歯に盛り付け固めて詰める治療です。

その特徴としては

① 歯を削る量が少ない
インレーに比べ、最小限の範囲で歯を削るため、健全な部分を多く残す事ができ、そのため治療の後にしみるたりする事が少なくなります。

② 再発・再治療が少ない
歯と詰め物を精度の高い、強い接着剤で直接接着するので、隙間ができにくく、再発・再治療を抑える事ができます。

③ 自然な歯の色を再現でき、体にも優しい
歯の色に合ったレジンを組み合わせて詰めたりしますので、自然な歯の色再現でき、金属を使用しないのでアレルギーの心配がありません。

④来院回数が少ない
虫歯などで削った部分はその日に詰めてしまうので、インレーなど型を取るものに比べて来院回数が少なくて済みます。

注意しないといけない事

① 大きく歯の表面を覆わないといけないようなケースは強度の問題でできない事があります。事前に確認が必要です。

② 歯ぎしり等でかけたりする事があります。ただ、そのような場合には修理で対応ができます。 

メニューを閉じる
飯田歯科医院